動物看護師の資格は独学でも取れる?

資格の中には、独学で試験勉強をし、受験することが出来る資格も多数あります。

 

しかし、動物看護師資格に関しては、独学での取得は難しいといえます。

 

国内の動物看護師資格は全て、民間団体の認定資格です。

 

つまりは、通信講座を受講し、すべての課題を終えることで受験資格を得ることができるもの、専門学校を卒業することで資格を取得できるものというように、学習の過程が受験の条件として定められているからです。

 

動物看護師統一認定試験も同様

動物看護師の知識と技術の向上、社会的な地位の向上を目指し作られたこの資格も受験にあたっては、認定校での授業をすべて履修することが受験の条件として定められています。

 

ですが、この資格は、所定の講座をすべて履修したからといって、資格の取得が出来るものではありません。

 

毎年実施される全国一斉試験を受験し、合格することが必要なのです。

 

この受験勉強は、それまでの学習範囲からの出題ですから、別途通信講座などを受講せずとも、手元にあるテキストをしっかりと学習することで合格圏内に届くことでしょう。

 

独学で知識を身に着けた場合、資格がなくても就職は出来る?

 

動物看護師資格は民間団体の認定資格ですから、就職にあたって、必ずしも取得しておかなければならないものではありません。

 

独学で、動物医療について学習し、知識を得ることでも就職は可能です。

 

ですが、就職先を見つけることは、非常に狭き門です。

 

独学で身に着けた知識が、通信講座で身に着けた知識よりもより専門的である場合であっても、面接の場でその知識を存分に相手に伝えることは難しいといえるでしょう。

 

つまりは、自身の知識や熱意を伝えるには、「独学」ということでは、不十分といえるのです。

 

資格を取得しているということは、就職にあたってのスタートラインに立つという意味を持ちます。

 

医療の現場では日々新しい治療法が見いだされ、まだ見たことの無い症例を経験することもたびたびあるでしょう。

 

独学で知識や技術を習得するという努力は、就職後にもぜひ継続してゆきたいものです。