動物看護師の主な勤務先は?

動物看護師として仕事をするには、どのような勤務先、環境があるのでしょうか?

 

動物病院

最も有力な勤務先といえばもちろん動物病院でしょう。

 

動物病院では動物看護師の存在は不可欠ですから、仕事のやりがいも感じられることでしょう。

 

動物病院といっても、個人経営の家庭的な動物病院もあれば、獣医科のある大学付属の動物病院、特定の疾患に特化した専門医に、特定の種類の動物に特化した動物病院もあります。

 

また、24時間応対の緊急専門外来もあり、一概に動物病院といってもその仕事の内容は様々です。

 

病院によって、往診の有無、トリミングサービスの有無、ペットホテル併設の有無など施設も様々ですから、自身の希望にあった動物病院をぜひ探してみましょう。

 

ペットホテル

意外に思われるかもしれませんが、最近のハイグレードなサービスを提供するペットホテルでは、有資格者として動物看護師の常駐をセールスポイントとしている店舗も多々あります。

 

動物の健康管理、病気に関する専門知識をもったプロとして動物看護師に注目が集まっているからです。

 

ペットを大切な家族の一員として考えるお客様にとって、万が一ホテル滞在中に体調を崩してはと不安はつきものです。

 

そのようなときに適切な判断、対処ができるスタッフが常駐しているということは大きな安心につながるからです。

 

老犬介護のプロ

ペットの長寿高齢化が話題となる中で、訪問介護を依頼できるペットシッターの存在が注目を集めています。

 

日々の健康管理はもちろんのこと、食事や入浴など家族だけではなかなか難しいケアをプロに依頼する傾向があるからです。

 

このような依頼は、単に世話をするというだけではなく、家族へペットの世話の方法を指導したり、食事内容を適切に見直したり、場合によっては医療的な措置の必要性に家族よりも早く気が付く場合もあるでしょう。

 

動物看護師としての仕事の幅は多岐にわたり、様々なチャンスがありますから、ぜひ自分にあった働き方を見つけてゆきましょう。