「動物看護師」の公的資格化を巡って…

現在、ペットの関する資格は、獣医師資格を除くすべてが民間資格と言われる資格制度です。

 

民間資格、国家資格という資格制度自体をあまり意識する事なく、資格取得を考えてはいませんか?

 

国家資格とは、国による一斉統一資格に合格することで取得が可能な資格制度です。

 

技術や知識を身に着ける方法も受験資格の1つとして定められています。

 

例えば、獣医師であれば、獣医学科のある大学を卒業していることが受験資格となります。

 

ペットのトリマーとよく似た業種である、人間の美容師は実は国家資格です。

 

それぞれ専門学校を卒業し、技術、知識を身に着け国家試験に合格することで、美容師として仕事を始めることが出来るのです。

 

ですが、トリマーは民間資格です。

 

専門学校を卒業すれば、その学校の認定した資格を取得し、通信講座であれば、その講座の認定した資格、通学や受講をせずに独学で技術を習得し、開業するトリマーもいるほどです。

 

このような民間資格において、トリマーの場合は特段の問題意識も持たれることは少ないといえるでしょう。

 

安全かつ衛生的な技術と衛生環境が整えば問題なく仕事を受けることが出来るのですから。

 

ですが、医療に従事する動物看護師の仕事は、そうもいかないものです。

 

動物看護師の資格を取得するためには、専門学校の卒業や通信講座の受講などの方法があります。

 

それぞれに履修した講座により、学習内容に大きな違いがあり、資格取得後のスキルにも大きな差が生じています。

 

しかし、ペットに関する医療は日々進歩し、高度な医療の提供が進んでいます。

 

獣医師を共に働く動物看護師の資格を公的な資格とし、知識レベルはもちろんのこと、医療技術に関するレベルも一定水準まで引き上げようという動きが今、起こっているのです。

 

この動きは、獣医師側から、動物看護師の知識、技術の向上を求める声と、動物看護師側からの高い職業意識双方の高まりから自然と生まれた動きなのです。

 

海外では、動物看護師資格を公的な資格とする国も多々ある事から、日本でも公的資格化される日もそう遠くはないだろうと考えられています。