動物看護師資格の種類はどんなものがある?

動物看護師資格は民間の認定資格のため、多数の資格の種類があります。

 

特に通信講座で取得可能な資格は、認定団体ごとに名称が異なりますので、自身に取得した資格制度に関して正式名称や特徴をしっかりと理解し、端的に説明できるように心掛けておきましょう。

 

通信講座で取得できる資格は?

通信講座で取得できる資格には、ペットの専門学校として有名なヤマザキ学園の運営する団体が認定する「特定非営利活動(NPO)法人 日本動物衛生看護師協会JAHTA認定 アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)」などがあります。

 

また、一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会 (JCSA)の運営する通信講座「日本ケンネルカレッジの動物看護士養成専門講座」を履修することで取得できる「JCSA認定動物看護師」資格も有名です。

 

この資格は、茨城県にある「つくば国際ペット専門学校」が運営する通信講座のため、通学をしなくても専門学校講師へ直接質問ができるうえに、短期集中のスクーリングも受講可能です。

 

日本ペット技能検定協会の認定する動物看護師資格は「小動物看護士」です。

 

この協会は、幅広いジャンルの通信教育で有名な「ヒューマン」の講座の中の一つです。

 

資格取得後の独立開業を目指している場合には、就職や独立に向けた無料サポートを受けることもできるのでおすすめと言えます。

 

このように、資格の名称は異なるものの、動物看護師という仕事のための資格制度は多数設けられています。

 

統一試験が実施される資格

現在、動物看護師の知識、技能の向上と動物看護師資格の水準の引き上げを目指し、全国統一試験による資格認定制度も運営されています。

 

この資格制度は動物看護師統一認定機構が運営をしており、動物業界の諸団体が活動に賛同しています。

 

中でも、獣医師会が設立から参加していることからも、資格制度への高い信頼度が保証されているといえるでしょう。

 

尚、受験には受験資格が必要となり、機構の認定校への入学もしくは同等の知識技能を持ち合わせているという認定を受ける必要があります。