動物看護師|就職先にはどんな所がある?

動物看護師の資格を取得し、その後、どのような働き方があるのかはとても重要なことでしょう。

 

動物看護師という資格は、幅広い分野の学習をすることから、将来の仕事も自分次第であらゆる可能性が広がっています。

 

動物病院の看護師として

資格取得後にストレートに進む場合、動物病院での看護師の仕事があります。

 

診察の助手はもちろんのこと、入院患者のお世話、薬剤の管理、調合、トリミング、カルテ管理などの事務的な作業、患者へ送るダイレクトメールの発送など動物病院の運営にかかわる幅広い内容の仕事を担当します。

 

専門分野に特化して動物病院も

動物病院といっても、最近では細分化、専門家が進んでいます。

 

歯科、皮膚科、眼科、癌治療に特化した病院や、夜間救急専門の病院もあります。

 

特定の分野に特化したスキルを身に着けたい場合や動物看護師として経験を積みたい場合、このような専門病院を選ぶという選択肢もあることでしょう。

 

新しいニーズも!

動物看護師という資格は、健康管理、病気の発見、治療や自宅でのケアの方法についても学習をしてゆきます。

 

このような専門的な知識は、動物病院に限らず、老犬ホームや介護を専門とする施設でもニーズが高まってきています。

 

また、ペットシッターとして仕事をするにも、老犬の介護や自宅でのケアを専門としたスタイルでの開業もいいでしょう。

 

長期利用の対応をしているペットホテルの中には、動物看護師資格保持者が常駐している事をセールスポイントとしている施設もあります。

 

また犬の為のリハビリ施設やダイエットの為のプールを運営する施設でも動物看護師が常駐していることで、安全なトレーニングになると謳っています。

 

この様に、動物看護師としての専門知識や経験があることで、あらゆる仕事へ挑戦するチャンスが生まれるのです。

 

資格取得後の就職活動の際には、「動物看護師資格」を保有していることで、このような仕事が出来るというように自分からアピールをし、新たな分野を切り開くこともぜひ挑戦してゆきましょう。