動物看護師の資格|求人状況はどうなの?

動物看護師の資格取得後の就職先、求人の状況はどのようなものでしょうか?

 

求人広告に掲載される件数が少なく、求人記事を目にしたことがない場合もあるでしょう。

 

資格取得後の就職活動はどのように取り組めばよいのでしょうか?

 

求人の現状

動物病院の求人は個人病院の場合、病院のHPへの掲載や院内の張り紙が主流です。

 

新規開業の場合以外は有料の求人広告を出す場合はほとんどありません。

 

なぜなら有料の求人を出さなくても院内の張り紙で採用が事足りているからなのです。

 

来院患者の飼い主同士の口コミで募集の情報が十分広まるからです。

 

個人病院の場合、常勤の動物看護師は1,2人で運営されています。

 

求人は不定期で退職者が出た場合のみとなっています。

 

専門学校の場合

動物病院の求人は不定期で行われ、病院ごとの採用枠も少ないため、在学中からこまめに求人情報をチェックしておきましょう。

 

学校の就職科でも採用予定のある動物病院を積極的に探したり、提携先の病院を紹介したりとサポート体制をとっているので、在学中から積極的に活動をしましょう。

 

特に学校へ出されている求人は、採用側も新卒、未経験を前提としていますから卒業後すぐの就職先としてはおすすめです。

 

希望する内容の求人を見つけた場合でも、卒業は1年先、半年先という場合もあるでしょう。

 

そのようなときは、先送りにせずに「卒業予定年度、資格取得見込み年度」を明記し、アルバイトとしての採用を相談してみてはどうでしょうか?

 

在学中はアルバイトとして雑用を担当し、資格取得後の正式採用を目指すのです。

 

通信講座の場合

通信講座で資格を取得する場合、学習開始とともに就職活動を始めましょう。

 

なかなか採用を予定している病院の情報を把握できず、苦戦しがちではありますが、長期戦を覚悟して取り組みましょう。

 

就職活動の方法としては、

 

●近隣の動物病院へ採用予定の有無の問い合わせ
●動物病院のHPの定期的なチェック
●動物関連のHPの無料求人欄のチェック
※動物関連の仕事に携わっている方向けのサイトにはたいてい無料の求人掲示板が作られています。
●近隣の獣医師会のHPをチェックし、新規開業予定の動物病院の有無をチェック

 

などの方法で情報を収集しましょう。

 

直接、電話での問い合わせをしたり、訪問する場合には混雑しがちな午前中はさけましょう。