動物看護師の仕事|楽しいのはどんな部分?

動物病院で仕事をする事を想像した場合、手術や入院中の犬の世話、薬の調合などといった深刻な場面を思い浮かべることでしょう。

 

しかし、実は、一般的な動物病院の患者の半数以上は健康なペット達なのです。

 

動物が好きという想いから、動物看護師の資格を取得した上に、毎日たくさんの動物たちと出会い、触れ合うことが出来るという仕事はなによりの天職といえることでしょう。

 

どうして健康な患者ばかり?

ある企業が行ったアンケートによると、動物病院を受診する理由の上位は、フィラリアの予防、ノミダニの予防、去勢避妊手術でした。

 

これらはすべて健康な犬、猫を対象としています。

 

中には、ドッグフードを買うため、ダイエットの為という理由もありました。

 

実は生後1年を過ぎた後の犬というのは、非常に体が丈夫で、定期的な通院を必要とすることは滅多にないのです。

 

ですから、動物病院の受診も予防のためということになるのです。

 

ですから、動物病院で仕事をして顔を合わせるのは、健康で、元気で、やんちゃな動物達なのです。

 

顔を合わせるたびに、愛着が湧き…

最近では、アレルギーや肥満を理由に定期的通院を続けている犬、猫達も大変増えています。

 

手術などの深刻な措置を必要とするわけではないので、散歩途中の立ち寄り先のように気軽に来院するものです。

 

もちろん仕事とはいえ、たびたび顔を合わせるのですから、自然と愛着がわき、動物側も懐いてくれるので、そのかわいさはひとしおといえるでしょう。

 

動物関係の仕事をしている人達の多くは、動物関係以外のどのような「仕事」であっても、きっといつかはやりがいを見つけられるでしょう。

 

しかし、この仕事以上に「愛情」「笑顔」「やさしさ」を毎日感じることの出来る仕事はないのではといいます。

 

日々の仕事の中で、「癒し」を感じる事が出来るということは、実はとても幸せで、恵まれた事なのだということに、仕事をしていて気が付くときがきっとくるのでしょう。