動物看護師の資格がないと就職に不利って本当?

動物病院の求人広告の中に「未経験可」と書かれた求人があった場合、動物看護師の資格は必要なのでしょうか?

 

資格がなくても仕事を始めることはできるのでしょうか?

 

驚くほどの応募倍率

大抵の動物病院は看護師1,2名で運営する規模ですから、採用枠が非常に少なく、スタッフの入れ替わりのときに不定期で求人を出しています。

 

応募状況を見てみると「未経験者可」と書かれた求人であっても、元トリマー、元トレーナー、元ペットショップ店員というように「動物看護師未経験」であっても、動物関連の仕事経験があるという方も多数いるものです。

 

そのような狭き門を通り、採用を目指すのであれば、やはり動物看護師の資格を持たずに応募をするという状況は非常に不利といえるでしょう。

 

未経験者可とは?

多くの動物看護師関連の求人には「未経験者可」と書かれています。

 

この言葉の意味は、「経験」や「知識」が必要ないということではありません。

 

国内の動物病院の9割が個人経営の動物病院です。

 

診察補助の手順、カルテの管理方法、薬の管理や調合、入院患者のケアどれもすべて病院ごとに手法が異なります。

 

ですから、仕事に関しは採用後に一からすべて教えてゆきますという意味なのです。

 

ですが、採用され、仕事を始めたらその日から「動物看護師」として扱われます。

 

仕事中に交わされる動物に関する基礎的な言葉や代表的な病名、薬の名前などは憶えておかなければなりません。

 

就職という狭き門を通過することを目指す以上は、有資格者であるということが何よりも自分の熱意や経験を明確にアピールできるツールなのです。

 

有利、不利の違いは?

しかし、就職にあたって、特段有利と断定できる講座はとくにありません。

 

専門学校であっても同様といえるでしょう。

 

動物病院は少人数で運営し、医療という緊張感のある職場ですから、どの学校を卒業したのか、どの講座を受講していたのかということも重要ですが、最終的には人柄重視です。

 

ですが資格をもっていなければ、応募者の中から最終選考に残ることさえ難しいのですから、ぜひ資格取得を目指しましょう。