動物看護師になるには?

動物病院で働く動物看護師。

 

白衣を着て、テキパキと動き回る姿や手際よく動物を扱う姿に自分も動物看護師になりたいとあこがれる方が多い職業です。

 

では動物看護師になるには、どのような取り組みが必要なのでしょうか?

 

資格と技能の習得

動物看護師として仕事をするには、専門的な用語や動物に関する基礎的な知識が必要です。

 

実際の仕事の場面では、診察や病院運営にかかわる実務面での新人研修は行われるものの、病気や動物そのものに関する基礎知識は事前に各自が習得しておかなければなりません。

 

一般的には、動物看護師学科のある専門学校への進学が最短ルートでしょう。

 

専門学校では、講義による基礎知識の習得はもちろんのこと、実技授業では、動物の扱い方から、トリミング、トレーニングと実践で必要とされる技能を習得することができます。

 

また専門学校の場合、近隣の動物病院やペットショップチェーン、ペット関連サービスを提供する企業などからの求人も出されるので、就職活動も比較的スムーズに進むでしょう。

 

経験不足は意欲でカバー

現在、動物看護師資格はすべて民間団体による認定資格です。

 

ですから専門学校への進学以外にも、通信講座での資格取得という選択肢もあります。

 

通信講座で資格を取得する場合、一番の懸念材料は実技技能不足でしょう。

 

確かに、専門学校在学中に実技技能の習得や病院での研修を経験していることは非常に有益ですが、様々な理由から通信講座での資格取得を選択することもあるでしょう。

 

そのような場合には不足している技能があることを十分に認識し、不足を補えるほどの意欲と独学での取り組みを積極的に行いましょう。

 

就職活動をする中でも、技能不足を補うためにどのような取り組みをしているかをアピールすることで、先方へ自分の意欲を伝えることにもなりますから。

 

アルバイトが可能であれば、ペットショップなどで勤務し子犬の世話をする係を担当するもよし、またボランティア団体で成犬や成猫の世話をするのもとても役立つ実技経験となることでしょう。