動物看護師とは?

人間同様に今や動物たちも高度医療を施す時代になっています。

 

動物病院は、近所のかかりつけ医だけでなく、症例事に専門医化し皮膚科専門医、歯科専門医、癌治療専門医中、にはペットの種類ごとの専門医と細分化する傾向が見られます。

 

すべての動物病院で欠かせない存在となっているのが動物看護師です。

 

今や動物看護師も専門知識と資格を持った動物のプロとして大変注目を集める存在となっています。

 

動物看護師の役割

動物看護師には多くの役割があり、獣医師の助手という立場でありながら、幅広い内容の仕事に携わります。

 

今後、動物看護師を目指す方々にその仕事の一部をご紹介させていただきましょう。

 

患者の診察時の助手、補てい

毎日の診察の際に、中には診察を怖がり暴れるペット、高齢になり歩行や立ち上がりに補助が必要なペットもたくさんいます。

 

それらの患者の診察がスムーズに進むように、補てい(体を支える)をしたり、獣医師の使用する器具をそろえたり、薬剤の準備を行います。

 

怪我をしている場合には包帯の交換や手術部位の消毒などのケアも担当します。

 

入院患者のケア

大抵の動物病院には入院患者がいますので、入院患者の食事、散歩、トイレ、患部のケアも動物看護師の大事な役割です。

 

言葉をもたない患者の些細な症状の変化を見逃さず、獣医師と連携しつつ治療を進めことが大切です。

 

患者の管理、対応

診察や手術に忙しい獣医師に代わり、患者のカルテの管理、定期的な予防接種の呼びかけ、患者からの問い合わせ対応などの仕事も動物病院を円滑の運営してゆくうえで重要な仕事といえます。

 

医療トリマーとしての仕事

看護師とトリマーは別資格として考えられがちですが、医療の現場でもトリミング行為は必須と言えます。

 

手術幹部の被毛の除去やアレルギーなどの皮膚疾患の治療のためのシャンプーなどです。

 

高度なカット技術ではなく、手際よく作業ができる基礎的な技術が必要とされています。