「認定動物看護師」とは?

動物看護師統一認定機構が独自で認定をする動物看護師資格です。

 

この資格制度は、動物看護師のさらなる知識、技能の向上と専門的な知識をもった人材の継続的な育成を目指し制定された資格です。

 

資格取得にあたっては、機構の認定するカリキュラムの修了が必須条件となり、大学や3年生の専門学校などへの入学が必要となります。

 

認定カリキュラムの受講は、通信講座がなく通学生のスクールのみとされています。

 

これは実際の医療の現場では実技技能が非常に重要視されるので、学習期間中に十分な実技技能の講習をうけ、資格取得までに必要な実技技能を身に着ける為といえるでしょう。

 

認定カリキュラムの受講にかかる費用はそれぞれの学校ごとに異なりますので、事前に確認を行いましょう。

 

すでに動物看護師資格を取得している場合や動物看護師としての実務経験がある場合には、カリキュラム受講が免除され、機構の認定を受けることで受験資格を得ることも可能です。

 

統一試験の申込期間、受験日、費用、会場に関しては、機構HPに最新情報が掲載されるので、必ず確認を行いましょう。

 

資格取得にあたっては、全国統一で実施される筆記試験を受験する必要があり、出題内容は専門性の高い内容となっているので、指定されたカリキュラムをもとに十分な試験対策が必要といえるでしょう。

 

難易度の高い資格制度ではありますが、それゆえに取得後の評価も一定のものがあり、就職や独立開業にも有利といえるでしょう。

 

動物看護師統一認定機構とは?

動物に関する医療技術の高まりや社会的な動物医療への高い関心、獣医師のサポートをする動物看護師の役割の重要性から、動物看護師の育成と知識、技能の向上を目指し関係団体の協議のうえ設立された機構です。

 

設立にあたり、獣医師会の参加があったことから、機構の権威、認定資格の評価も一定のものを意味しており、非常に注目度の高い資格制度といえるでしょう。